Home » »

Written By yomiuri shonan on 2016年1月26日 | 17:01

井上道義×鎌倉芸術館
NHK交響楽団「いざ、鎌倉への道」最終回

2011年から毎年開催してきた「いざ、鎌倉への道」が、3月12日(土)の公演で最終回を迎える。
この公演は、鎌倉のオーケストラ・ファンを増やしたい、という鎌倉芸術館の想いを、マエストロ井上が賛同し、1回限りではなくシリーズを通して同じ指揮者とオーケストラ、そして一人の作曲家ブルックナーに焦点を当て、オーケストラ音楽の面白さや奥深さを伝えてきた。
シリーズの最終回となる今回は、ブルックナーのなかでも大曲とされる「交響曲 第8番」を取り上げ、シリーズの集大成を披露する。


指揮者の井上道義氏は2014年の春に咽頭がんを患い、活動を半年間休止。復帰コンサート(2014年10月11日)は、クラシック界でも大きな注目を集めた。最後となる今回の公演を前に、マエストロ井上は、「ブルックナーの交響曲8番は、神秘性と圧倒的なスケールが大きい。最終となる今回のために温めてきた。この曲を演奏できることは本当にうれしい」と語った。

「いざ、鎌倉への道」最終章を聞きに、ぜひ鎌倉芸術館に!

■3月12日(土)15時開場16時開演
■鎌倉芸術館大ホール
■全席指定 S席8000円、A席7,000円、B席5,000円
■問合せ☎0120(1192)40 鎌倉芸術館チケットセンター(9時~19時)









Category